ブラウザのエラー

HTTPSのページを開くと警告メッセージが表示されます。

証明書の警告には3種類ありますが、それぞれの意味は以下の通りです。

信頼する会社から発行されていません

弊社から発行された証明書が正しく設定されているかご確認ください。

有効期限が切れたか、まだ有効になっていません

有効期限が切れていないかご確認ください。またクライアントPCの時間が正常でない場合も同様なメッセージが表示されます。

名前が無効であるか、またはサイト名と一致しません

証明書のコモンネームとブラウザで入力してるFQDN(ホスト名.ドメイン名等)が一致しているかご確認ください。www.example.orgでお申込みの場合、example.orgというようにホスト名を省略しますと別名と判断されますのでご注意ください。

Internet Explorerの場合

FireFoxの場合 "コモンネーム"の部分は該当コモンネームに置き換えてお読みください。

一覧へ戻る

このページにはセキュリティで保護されている項目と保護されていない項目が含まれています。

以下の点をご確認ください。

  • フレームを利用したページ構成で、一部のフレームに非SSLのページを呼び出しているかどうか。
  • 画像やスタイルシートなどの一部コンテンツを非SSLで呼び出していないか。
  • 非SSLのリンク設定をしていないか。
    (例:http://から始まるフルパスでリンクをしている場合)

フレーム分割しているウェブページの場合には、フレーム内のコンテンツすべてをSSL接続にすることをお勧めいたします。 上記の動作はブラウザにより異なりますので、鍵マークの表示条件等については、各ベンダーにご確認ください。

Internet Explorerの場合 「はい」をクリックしてアクセスすると、鍵マークが表示されません。

FireFoxの場合 警告は出ませんが、ブラウザの鍵マークに斜線が入ります。

一覧へ戻る

以上の内容で解決できましたでしょうか。
解決できない場合、以下よりお問い合わせください。

お問い合わせ